利回りくん

利回りくん

会員登録

登録後支援するプロジェクトをご選択頂けます。
※会員登録だけでは支援完了にはなりません。​

法人での出資をご希望の方は、姓に法人名、名に代表者名を入力の上、
会員登録後に専用のお問い合わせフォームからご連絡ください。
※お問い合わせフォームへのリンクは会員登録完了画面に表示されます。

個人情報取扱いに関する同意
個人情報の取扱いについて

1.事業者の名称
株式会社 シーラ

2.管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先
所属部署:HR・総務グループ
管理者(職名): 部長
連絡先:メールアドレス:jinji@syla.jp
TEL:03‐4560-0652

3.個人情報の利用目的
お客さまからお預かりした個人情報は、次に掲げる目的にのみ利用させていただきます。
(1)「利回りくん」不動産クラウドファンディングに係る業務
(2)当社及び当社グループ会社のサービスの紹介並びにお客様にとって有用と思われる当社提携先の商品・サービス等の紹介

4.個人情報の第三者提供
当社は、次に掲げる場合を除き、お客様の個人情報を第三者に提供することはございません。
(1) ご本人様の同意がある場合
(2) 法令に基づく場合
(3) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人様の同意を得ることが困難な場合
(4) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人様の同意を得ることが困難な場合
(5) 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人様の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
(6) 業務を円滑に遂行するため、利用目的の達成に必要な範囲内で個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合

5.個人情報取扱いの委託
当社は、マーケティング会社やITサービスプロバイダー等の第三者(以下、「業務委託先」といいます。)に業務の全部又は一部を委託する場合がございます。その際、上記3.(個人情報の利用目的)に記載された利用目的を達成するために、個人情報を業務委託先に提供する場合がございます。業務委託先に提供した個人情報は、当社の指示の下、当初の利用目的に沿って利用されます。

6.個人情報の開示等の請求
お客様は、当社に対してご自身の個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または消去、第三者への提供の停止)に関して、当社問合わせ窓口に申し出ることができます。その際、当社はお客様ご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。開示等の申し出の詳細につきましては、当社ホームページ掲載の「保有個人データに関する事項」をご覧ください。

7.個人情報の共同利用
当社は、当社のグループ会社との間で、当社又はグループ会社が直接的又は間接的に取得した個人情報を、書面又は電子データの共有により共同して利用する場合がございます。共同利用する項目と目的は、弊社ウェブサイト(https://syla.jp/privacy/)の「個人情報の取り扱いについて」に記載するとおりです。共同利用する個人情報は、株式会社シーラが責任をもって管理いたします。

8.個人情報を提供されることの任意性について
お客様が当社に個人情報を提供されるかどうかは、お客様の任意によるものです。 ただし、必要な項目をいただけない場合、適切に対応できない場合があります。

9.ご本人が容易に認識できない方法による取得する場合について
当社のサイトでは個人情報を入力していただく部分にはすべてSSL(Secure Sockets Layer)のデータ暗号化システムを利用しております。ただし、インターネット通信の性格上、セキュリティを完全に保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

【お問合せ窓口】
お客様の個人情報に関するお問合せにつきましては、下記窓口で受付けております。

株式会社 シーラ  個人情報問合せ窓口
HR・総務グループ
TEL:03-4560-0650(代)
反社会的勢力でないことの表明・確約に関する同意

私は貴社との取引に伴い、以下の事項を遵守することを誓約します。

第1条(反社会的勢力に関する事項)

1. 私は、以下に定める反社会的勢力に該当しないこと、又はそれらと関係がないことを表明し、将来に亘っても該当しないことを誓約します。

①下記のいずれかに該当する者又は団体
(1)暴力団
(2)暴力団員
(3)暴力団準構成員
(4)暴力団関係企業
(5)総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等
(6)その他前各号に準ずる者

②下記のいずれかに該当する行為を行った者又は団体
(1)暴力的な要求行為
(2)法的な責任を超えた不当な要求行為
(3)取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
(4)風説を流布し、偽計又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
(5)その他前各号に準ずる行為

2. 損害賠償義務

上記に違反して、反社会的勢力に該当することもしくは過去に該当していたことが判明した場合、私には、これにより貴社が被った一切の損害を賠償する義務があることを認めます。

個人情報の提供・委託、開示等の請求、提出の任意性に関する取り扱いについては、 「個人情報の取扱いについて」 をご覧ください。
※このページはSSL により暗号化されています。